会社概要
商品カテゴリ
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA ご注文ページはこちら
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 性機能
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA ダイエット
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 育毛
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 安眠・不眠
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA メンタルケア・鬱
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 美容・スキンケア
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA アンチエイジング
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 栄養・滋養
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 解毒・デトックス
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA たばこ・アルコール
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 感染症・抗生物質
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA ホルモン
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 避妊・モーニングアフターピル
健康・くすりコラム
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 松田医師の健康コラム
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 真宮薬剤師のお薬コラム
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA メンタルヘルスカウンセリング室
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA くすりUSA運営ブログ一覧
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 症状別役立ちサイトリンク集
くすりUSAよりお知らせ
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA 個人輸入情報(必読下さい!)
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA くすりUSA店長ブログ
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA バナー置き場/相互リンク依頼
米国医薬品個人輸入代行のくすりUSA Amazonでお買い物
MAILMAGAZINE
限定情報を逃さずGET!
購読解除はこちら


HOME>>松田豊医師コラム>>風邪薬

松田医師の健康コラム

風邪薬

 「風邪の特効薬を発明したらノーベル賞もの」というのは医者の世界のまことしやかな噂です。

 これを聞くとたいていの人は「風邪薬なんていくらでもあるじゃない」と思うでしょう。世に言う「風邪薬」風邪の特効薬は違うのです。そもそも特効薬とは病気の原因を元から絶つ薬です。たとえば,結核菌を殺す薬は結核の特効薬。では,風邪の原因は?・・・・風邪菌?風邪ウイルス?・・・・残念でした。そんな菌やウイルスは存在しません。風邪の原因となるのはいろいろな(恐らく何十種類以上の)病原体で,そのほとんどは抗生物質が効かないウイルスです。「風邪の特効薬は存在しない」というのは,風邪の原因となるウイルスを殺す薬は存在しないという意味です。よく風邪だからと言って抗生物質を欲しがる患者さんがいますが,風邪の時に抗生物質をのんでも何の意味もないんです。

  じゃあ,風邪薬というのは何なのだ?風邪の原因を元から絶てない風邪薬なんて詐欺じゃないか・・・・まあ,詐欺とは言い過ぎですが,世に言う風邪薬は風邪の症状を和らげる薬なのです。風邪の主な症状,咳,鼻水・鼻詰まり,熱,痛み,これらの症状を抑える咳止め(ジヒドロコデインなど),鼻水・鼻詰まりの薬(主に抗ヒスタミン薬),鎮痛解熱剤(アセトアミノフェンやアスピリンなど)を適当に混ぜ合わせたもの,それがいわゆる風邪薬(総合感冒薬)です。要するに対症療法薬です。

  対症療法薬であるからには,まず予防には意味がない。周りで風邪がはやっているから,予防のためにのんでおこうというのは無意味です。風邪の症状がないのに風邪薬をのんでも,副作用が出るだけです。ちゃんと風邪をひいてから風邪薬をのめば,確かに症状は楽になるので,のむ値打ちはありますが,ウイルスを追い出すわけではありません。ウイルスを追い出して風邪を治すのは,薬の力でなく自分の免疫力です。免疫力を高めるには,何と言っても休養と栄養です。風邪の時は,薬をのんで仕事しているより,薬をのまずに休んでいる方が治りが早い。

  風邪薬と免疫力についてはもう一つ言いたいことがあります。免疫力の主役である白血球は38〜39℃くらいの熱がある方が活発に働きます。一方,ウイルスは熱に弱いのです。つまり風邪の時に熱が出るのは合理的な反応です。できれば,我慢のできる範囲で熱は下げない方が良い。その方が早く治ります。そうは言っても,無理しても薬で症状を抑えて仕事に行かなければいけない・・・・。そうですね。そういう時は,朝・昼は仕方ないから薬で症状を抑えて仕事をする。夜は薬をのまない。帰宅して食事を終わったら解熱剤はのまずすぐに休む。熱が出たら「今,白血球がウイルスと闘っている」とイメージする。汗をかいたらこまめにパジャマを取り替える。


  風邪薬については,あと2つ言いたいことがあります。まず,風邪をひいたからと言っていつでも,咳,鼻水・鼻詰まり,熱,痛みといった症状がフルセットで出現するわけではありません。

 例えば,咳だけなら咳止め,鼻水だけなら抗ヒスタミン薬という具合にピンポイントで服用する方が,総合感冒薬をのむより余計な副作用がなくて済みます。もう1つは,個人的なこと。実は,わたしは風邪をひいても風邪薬をのむことはめったにありません。その時の症状にあわせて漢方薬を使っています。どんな漢方薬?それは次回のお楽しみに。

 

くすりUSA個人輸入代行ページへ
 
 
 
 
 
 

くすりUSA個人輸入代行ページへ

ご注文は
お電話でもどうぞ!

| HOME | Privacy Policy | 免責事項 | 会社概要(特定商取引法に基づく表記) |

※薬事法に基づき、未承認医薬品についての効果・効能は案内しかねます。
また服薬指導なども一切行うことは出来ません。
医薬品個人輸入は医師の指導のもと、ご自身の判断と責任においてご利用下さい。

画像・文章を含む当サイトコンテンツの無断使用はお断りいたします。

(C)2005-2007 くすりUSA.com All rights reserved.